血液サラサラでヘルシーライフ|今日から始める健康プランニング

ストレッチ

糖質制限の強い味方

肥満

甘いものはオリゴ糖で

糖尿病を患う人が一番注意しなければならないのは、食べ物です。特に、甘いものの摂取は極力控えるべきだとされており、甘党の人にとっては大変苦痛になります。そのせいでストレスが溜まってしまい、精神的な面から他の病気を併発してしまう可能性も高くなってしまいます。糖尿病では、血液中のブドウ糖の濃度が高くなっている状態にあります。なので、糖分の摂取を制限されてしまいます。しかし、糖尿病を患っている人でも使うことのできる甘味料があります。それは「オリゴ糖」です。オリゴ糖は糖尿病を悪化させない優れた糖質として注目されています。ただし、摂取しすぎるとお腹が緩くなることもあるので、摂取量には注意しましょう。そして、オリゴ糖には「純度」が大変重要です。純度の低いものを選ぶと、逆効果になってしまうこともあるので注意しましょう。

オリゴ糖の優れた効果

オリゴ糖には様々な効果があります。血糖値上昇の抑制、コレステロール値低下、便秘解消、整腸作用など、糖尿病改善に適した働きが数多く見られます。そして、砂糖と比べるとカロリーは半分しかありません。甘みは少々劣りますが、かなりのカロリーカットが可能になります。オリゴ糖は難消化性物質と呼ばれ、体内で消化・吸収されません。なので、血糖値があがりにくく、オリゴ糖自体も体外へ排出されてしまうので非常に安心です。また、オリゴ糖にはミネラルの吸収を促進する効果があり、糖尿病患者に不足しやすいミネラルを効率よく吸収させるためにも役立ちます。オリゴ糖と一緒に、不足しやすいミネラルのサプリメントなどを用いるのがおすすめです。